「自転車保険で考えられる補償内容について」

自転車保険STATION

自転車保険で考えられる補償内容について

自転車事故に特化した保険である自転車保険ですが、具体的にどのような補償内容が用意されているかご存知でしょうか?
すべての自転車保険で必ず補償されるわけではないものの、代表的な補償内容についていくつかピックアップしていきたいと思います

■死亡保険金や損害賠償責任への補償、給付金など

まずは死亡保険金です。自転車事故で被保険者が死亡した場合に、死亡保険金を受け取ることができるというものです。もちろん、その金額はプランなどによって変わってきます。
ただ、自転車保険での死亡保険金というのはそう大きな金額ではありません。死亡保険金としてまとまった金額が必要になるなら、生命保険など自転車保険以外のところで備えましょう。

また、自転車保険のほとんどに個人賠償責任補償がついていますので、相手方への損害賠償に対する補償を受けることもできます。ただ、個人賠償責任補償がついていない自転車保険もありますので、加入の際にはしっかりと確認しておく必要があります。
さらに、自転車保険によっては給付金が出るものもあります。入院や手術、通院に対して、入院給付金や手術給付金、通院給付金といったものを出してくれるものもあるのです。商品やプランによりますので、こちらも事前に確認しておきましょう。

■示談交渉や弁護士費用に関するもの

示談交渉サービスというと自動車保険のイメージが強いかもしれませんが、自転車保険にも示談交渉サービスがついているものもあります。
自転車事故の被害者から損害賠償を請求される場合、自力での解決というのはかなりハードルが高いです。そういったときに自転車事故の加害者である被保険者に代わって保険会社が交渉してくれるサービスになります。

弁護士費用も自動車保険のイメージが強いかもしれません。ただ、これも自転車事故でも必要になってくるものです。自転車事故の被害を受け、相手方への損害賠償請求を弁護士に委任する場合、負担した費用が補償されることになります。

■自転車の搬送に関するもの

ロードサービスというのは、突然のトラブルなどで自力での自転車走行ができなくなった場合に自転車を無料で搬送してくれるサービスです。

オススメの自転車保険

自転車事故で子供が被害者になってしまった場合どうしたらいいのか。詳しくまとめてみましたのでご紹介します!