「自転車に乗っていて誰かに怪我を負わされたら」

自転車保険STATION

自転車に乗っていて誰かに怪我を負わされたら


自転車に乗っていて、誰かに怪我を負わされるという可能性もあります。特に、今の日本ではいつどのような形でおかしな事件や事故に巻き込まれるか分かりません。
その様な時に自転車保険が役立ってくれます。


■誰かに怪我を負わされたらまずは病院で診断書を取る

他人から怪我を負わされた場合、その相手が自転車保険などに加入しているのかどうかによって対応が変わってきます。ただ、その前にまずは病院で診断書を取ることが大切です。
自分では大したことがないように思える怪我でも、先ずは病院で診断書を取っておいてください。 というのも、その場では痛みや外傷がないように思えても、しばらく時間が経ってから症状が出てくる事もあるのです。

病院での診断書を取っておかないと、明らかにその自転車事故が関係しているのにその関係性を証明することができず、泣き寝入りすることになるかもしれません。
後から症状が出てきたり、後遺症が出たりする可能性を考えて、必ず病院で診察を受け、診断書を取るようにしてください。


■相手が保険に加入していなかった場合

相手が自転車保険に加入していればその保険会社の質にもよりますが、ひとまずは安心です。ただ、問題となってくるのは相手が保険に加入していなかった場合です。特に、自転車保険は任意加入なので、相手が自転車保険に加入していない可能性もあります。
通常、相手が自転車保険に加入していなくとも事故を起こした責任がありますので、原則としては怪我の補償をおこなわなければいけません。重症の場合には治療費や入院費以外にも、怪我が治るまでの給与補償なども負担することになります。

状況によっては払いたくても払えないという事もありますし、あまりの負担に逃げ出すようなケースもあります。 しかし、だからといって怪我を負わされた側が泣き寝入りというのはあまりにも理不尽です。
相手が自転車保険などに加入していない場合には、弁護士などを間に立てて、出来る限りの補償を得られるようにしていきましょう。
それと同時に、自分や家族の加入している保険の内容を再度確認することも忘れないようにしてください。

オススメの自転車保険

自転車事故で子供が被害者になってしまった場合どうしたらいいのか。詳しくまとめてみましたのでご紹介します!