【3密避け】自転車事故も弁護士に相談・依頼する時代に?

自転車保険STATION

【3密避け】自転車事故も弁護士に相談・依頼する時代に?

3密を避け需要が増す自転車ですが、それに伴い事故全体に占める割合が増加しています。
日常生活のなかにある様々なトラブルの解決を弁護士に相談・依頼した際に発生する法律相談料や着手金、報酬金などの費用を補償する日本初※1の保険商品を取り扱う「プリベント少額短期保険株式会社」が提供する「弁護士保険ミカタ」は、自転車事故時の相談のハードルを下げ、費用面を補償します。
※1 2013年6月1日現在(プリベント少額短期保険株式会社調べ)

自転車関連事故の割合が増加

警視庁の発表によると、交通事故全体に占める自転車関係事故の割合が増加傾向にあり、2019年は都内交通事故の4割近くに及んでいるといいます【表1】。
また、警察庁の発表でも同様の傾向がみられます。

参考
警視庁(https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/jokyo_tokei/tokei_jokyo/bicycle.html
警察庁(https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/bicycle/info.html
※外部サイトへリンクします。

表1 警視庁「都内自転車の交通事故発生状況」

警視庁「都内自転車の交通事故発生状況」

https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/jokyo_tokei/tokei_jokyo/bicycle.html
※外部サイトへリンクします。

自転車関連事故の相談も弁護士に相談できる?

事故やトラブルに巻き込まれた際、すぐに依頼できる弁護士を知っている人は多くありません。
内閣府の調査によれば「過去に弁護士に依頼したことがあり、今も相談できる弁護士がいる」人は8.9%でした※2。
そこで、弁護士に相談・依頼のハードルを下げ、費用面での補償ができるのが「弁護士保険ミカタ」です。
「ミカタ」の付帯サービスである「弁護士紹介サービス」は弁護士との接点ができ、事故の相手との交渉などを弁護士に任せることができます。
※2 内閣府大臣官房政府広報室「総合法律支援に関する世論調査(平成21年)」より

日常トラブルなら「弁護士保険ミカタ」

弁護士保険のパイオニアである「弁護士保険ミカタ」は24時間いつでも弁護士に相談できる「弁護士直通ダイヤル」など、サービス面でも充実しています。

弁護士保険ミカタをもっと知りたい!という方はこちらから

いますぐ弁護士保険会社を比較したい!という方はこちらから

オススメの自転車保険

なぜ自転車保険の加入が必要と言われるかがわかる!自転車事故でのリスクを考えると自転車保険での補償は有効ですね